内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 美容情報満載!ブログ http://salon-de-macherie.com/contents_121.html ja-JP 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 【期間限定】12月末までのキャンペーン http://salon-de-macherie.com/contents_135.html https://ameblo.jp/salon-macherie/entry-12216772715.html 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-12-01T21:27:47+09:00 ファスティング中は厳禁!NGフード http://salon-de-macherie.com/contents_129.html NGフード 酵素を大量に消費してしまう、NGフード。 ファスティング中、うっかり食べてしまったら、キレイになる目標も苦労も台無しです。ここでは代表的なファスティングのNGフードをいくつか紹介します。  NG 1:白砂糖白砂糖の成分「ショ糖」はブドウ糖と果糖がくっついてできています。単体ならば質の良い栄養素ですが、結合している場合は吸収分解するのにたくさんの酵素を消費してしまうため、ファスティング中はできるだけ控えましょう。 甘味にはきび砂糖やハチミツ、メープルシロップを使うようにしましょう。  NG 2:食品添加物食品添加物は酵素の働きを妨げ、浪費させるため、できるだけ摂らないようにしましょう。 様々な健康リスクの問題があるといわれながら、現状日本人の食品添加物摂取量は年間数キロ単位にもなるそうです。スーパーやコンビニなどでお買い物をする場合には、食品の裏ラベルをチェックする習慣をつけ、無添加のものを選ぶようにしましょう。  NG 3:肉(動物性タンパク質)肉などのっ動物性タンパク質を摂りすぎると、消化不良の原因になり、酵素をたくさん消費してしまいます。ただ、肉には体によい栄養素も含まれていますので、摂るならば肉は週に200g以内に、鶏卵は5個以下を目安にしましょう。できれば肉の代わりに大豆でできた食品を摂ることがベストです。  NG 4:白米・白いパン・うどん(高GI食品)GI値が高いほど吸収速度が早く血糖値を急激に上昇・下降させる食物ということになります。高GI食品は脂肪を蓄積する働きを促すファスティングには大敵です。 GI値の高い食物の代表が、白米や白いパン、うどんなどの「白い食べ物」。代わりに雑穀や玄米、雑穀パンやライ麦パン、そばなどのGI値の低い食べ物を選ぶようにしましょう。  NG 5:過酸化脂肪・トランス脂肪酸「過酸化脂質」とは、酸化した油のことです。使い古しの油、時間が経った干物やフライ、天かす、油の多いスナック菓子、保存状態の悪い乾麺など日持ちが良さそうな食品でも時間が経過するとその油は酸化します。 また、マーガリンや菓子などに使われるショートニングなどに含まれている「トランス脂肪酸」はNG。トランス脂肪酸は、悪玉コレステロール(LDL)を増加させ、善玉コレステロール(HDL)を減少させるといわれています。  NG 6:… 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-08T21:00:00+09:00 体内酵素をむだ使いしないために!積極的の摂りたいもの http://salon-de-macherie.com/contents_127.html 1:酵素の豊富な生野菜・生果物ファスティング中の1日の食事は、「野菜や果物を生で半分」+「加熱食半分」を目安にして下さい。野菜や果物の酵素を効率よく摂るには「すりおろし」をお勧めします。そのまま食べるよりも、数倍の酵素が摂れ,カラダの潜在酵素を消化のために無駄遣いせずにすみます。ミキサーでスムージーにすると簡単です。ただし、作ったあと時間が経つと酸化が進み、酵素は激減しますのですぐにお召し上がりください。  2:酵素の豊富な発酵食品発酵食品には酵素がたっぷり含まれているうえ、善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす乳酸菌が豊富です。 乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌がありますが、特に納豆や味噌などに含まれる植物性乳酸菌は、生きたまま腸に届くといわれており、ぜひ毎日摂りたい食品です。 3:雑穀 そば 低GI食品主食には、白く精製されていない雑穀米や蕎麦などを選びましょう。 野菜や海藻、キノコ類の大半は低GI食品なので、安心して召し上げれます。   4:短鎖脂肪酸短鎖脂肪酸は大腸の粘膜の栄養になります。海藻などに含まれる水溶性の発酵食品は、私達の体に欠かせない短鎖脂肪酸を作るのに不可欠な栄養素です。  5:亜麻仁油油でおすすめなのは、亜麻仁油です。食生活に不足しがちなオメガ3系脂肪酸であるα-リノレン酸を手軽に補給できます。 酸化しやすいため熱を加えないドレッシングなど、生で使うのがポイントです。その他、生で摂るならエゴマ油やシソ油、加熱調理には酸化しにくくオレイン酸を多く含んだなたね油、グレープシード油、新紅花油、ごま油などがおすすめです。 日本古来から食べられてきた食材「ことまごわやさしい」を積極的に食べていれば 準備期→ファスティング期間→回復期が楽に過ごせます。 『酵素ファスティング』について ファスティングとはファスティングの目的そもそも酵素ってなに?ファスティングの3つのステップファスティングの基本ルールファスティング よくある質問Q&A酵素の浪費をさけるために、積極的に摂りたいOKフードファスティング中は厳禁!NGフード ※ファスティングによる効果・効能には個人差があります。治療や医療行為ではないので、必ず自己責任のもとで実施するようにして下さい。 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-07T21:00:00+09:00 ファスティングについて よくある質問 http://salon-de-macherie.com/contents_126.html ファスティングについて よくある質問 ファスティングを実施する際に、よくある質問についての回答をまとめました。ファスティングは注意事項を必ず守り、正しい方法で行ってください。 Q1:ファスティングって痩せるためだけにするものですか?体重が減る方も多いのですが、それは結果的に痩せやすい体質に変わっただけで目的は一言でいえば「体(細胞)のリセット」です。 消火器官を休め、消化酵素を温存させることで、腸内環境が整い、代謝酵素を活性化させ新陳代謝を促します。 Q2:どれくらい痩せられますか?個人差によるところが大きいのですが、推奨する14日間プログラムを実施した方々からは、「3~5㎏くらい体重が減った」という声が多く届いています。  Q3:実施中は何も食べられないのでしょうか?水分や食べ物をまったく摂らない断食ではありません。個々人のライフスタイルに合わせて無理なく実施できるソフトなプチ断食です。期間中は、朝食は摂らず、酵素ドリンクや野菜果物のスムージーなどで栄養補給しながら無理なく実施していきます。通常食は高タンパク、高脂質の食事は避けていただきますが、まったく固形物を摂取しないハードな断食ではありません。 Q4:朝は「酵素ドリンク」や「生野菜&果物ジュース」だけでOK!の理由は?酵素栄養学では「人間本来の生理リズムからすると朝は排せつの時間であり、朝からしっかり加熱食を摂るのは、多くの消化酵素の無駄遣いとなる」と考えられています。食べるのなら消化酵素に負担のかからない「酵素ドリンク」または「生野菜&果物ジュース」だけで十分です。 Q5:どうしても空腹に我慢できなくなったら?まずは水を飲んで空腹感を解消して見て下さい。3食すべてが酵素ドリンクのみの日で、どうしても耐えられなくなった方は、スイカやメロンを一切れ食べるか、すりおろした野菜や果物、梅干しなどを摂っていただいても構いません。ガムや飴は胃酸が必要以上に出てしまうのでNGです。  Q6:実施中は、なぜ水をたくさん飲む必要があるのでしょうか?1日あたり約2Lの良質な水を、なるべく常温で、10回以上に分けて飲んでいただきたいです。これは「水を摂取することで代謝酵素が働きやすくなるから」といわれているためです。 Q7:ファスティングが出来る年齢は?基本的には16歳~60歳くらいが目安と考えています。中学生以… 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-06T21:00:00+09:00 ファスティングを成功させるための《基本ルール》 http://salon-de-macherie.com/contents_125.html ファスティングの基本ルール これから酵素ファスティングダイエットを始めようという方のために、成功へと導く「基本ルール」を紹介します。 酵素食を摂りながら行う体にやさしいファスティングですので、健康習慣のひとつとして定期的に実践しましょう! 【1】準備食・回復食にこだわる ファスティング前後の準備食と回復食にはとくに注意が必要です。 開始前日の夕食(準備食)とファスティング後の2食(回復食)は量を控えめにし、油っこい肉料理などの消化に悪いメニューは避けましょう。 代替食(要予約)や果物を使ったジュースやすりおろした野菜など、胃腸などに負担をかけないメニューを心がけましょう。 (代替食(おかゆ)はファスティング開始の3日前までにご予約ください)    【2】NGフードを避ける 白砂糖や肉・魚・卵・乳製品などの動物性たんぱく質、食品添加物といったNGフードは、酵素の大量消費や消化不良を招き、体内で腐敗すると免疫力の低下にも繋がります。 またトランス脂肪酸や酸化した油などの体に悪い油も酵素の大量消費を招くNGフードです。 ファスティング中の準備期と復食期には、それらの食品を避けましょう! 【3】水を十分に摂る 酵素が生き生きと活動するためには水が欠かせません。 約2ットルの水を、なるべく常温で、10回以上に分けてこまめに飲むのが理想的です。2リットルが難しい場合は、1リットルから始めて徐々に飲む量を増やしていきましょう。 水は水道水ではなく、良質な水、できたらファスティングをサポートしてくれるファストプロウォーターがおすすめです。 【4】夕食は20時までに食べる 《準備期・復食期》「食べてすぐ寝る」習慣は酵素の浪費や消化不良を招きます。酵素を生かす体内リズム「ナチュラルハイジーン」に従い、夕食はなるべく20時までに済ませましょう。 【5】生野菜や果物から食べる 食べる順番を意識し、よく噛んで食べましょう。 生野菜や果物、ぬか漬けなどの植物性発酵食品から食べ始めると、生の食材がもつ植物酵素が後から食べるものの消化を助けてくれます。 【6】アルコールは控える 食後はアルコールから生産される毒性のアセトアルデヒドを分解するために大量の酵素が消費されます。 ファスティング中は酵素を温存し免疫力を高めるため、アルコール… 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-05T21:00:00+09:00 ファスティングを成功させるための3つのステップ 《準備期・ファスティング期・復食期》 http://salon-de-macherie.com/contents_124.html ファスティングの3つのステップ 3日間以上のファスティングを始めるにあたって、必ず知っておかなければいけないことがあります。それは、ファスティングには「準備期」「ファスティング期」「復食期」と3つのステップがあるということです。 step1 《準備期》 ファスティング期をスムーズに過ごすためには、ウォーミングアップのための「準備期」が重要となります。ファスティングをされる前に、まずは必ずスケジュールの確保をしましょう。準備期の確保が難しい方は、気軽に行える「半日」「1日」ファスティングがおすすめです。 【準備期のポイント】これからファスティング期に入るにあたって、まずは胃腸を整えておくために、規則正しい健康的な生活をする期間です。スポーツでいうなら準備運動のようなものです。 この期間を甘くみて適当にすませてしまうと・・・この後のファスティング期に不調、不快な状況を招いてしまう事になりかねません。純和食(こ・と・ま・ご・わ・や・さ・し・い食)を基本に、高脂質・高タンパクの食材を避け、食べ過ぎない生活を心掛けましょう。  食べる順番を意識し、よく噛んで食べましょう。生野菜や果物、ぬか漬けなどの植物性発酵食品から食べ始めると、生の食材が持つ植物酵素が後から食べるものの消化を助けてくれます。 ファスティングをスタートする前日はなるべく20時までに夕食をすませ、どうしても20時以降になってしまう場合は、 消化のいい軽めの食事にし、食後3時間はあけて就寝しましょう。       step2 《ファスティング期》 ファスティングのやり方は、ビタミンやミネラルを含んだ栄養補給のための酵素ドリンクと良質のサポートウォーターを飲みながら行います。初めての方におすすめの「1日ファスティング」や、多くの方が実績を出している「14日間のファスティングプログラム」、短期間で結果を出したい「集中3日間」など、個々のライススタイルやコンディションに合わせプログラムを組みます。しっかりと目的を果たすために、必ずファスティングカウンセラーのような専門家に相談するなどして、自己流で行わないようにしましょう。 ※「ファスティングを成功せせるための基本ルール」を参照ください step3 《復食期》 ※ファスティング期間中、特に気をつけなければい… 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-04T20:00:00+09:00 酵素って何? http://salon-de-macherie.com/contents_128.html そもそも 酵素ってなに? 酵素は人間や動物、魚、植物など、すべての生き物の中に存在し、 生きていく上でなくてはならないものです。 酵素がないと、すべての生き物は生きていられません。 体内では消化・吸収・代謝・排せつなどの重要な働きを担っており 大きくは「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられます。消化や吸収に関わる「消化酵素」と 代謝や排せつ、細胞分裂など、消化以外はすべて「代謝酵素」が働いています。 年齢とともに減り続ける酵素 しかし、問題はそうした体内でつくられる酵素(=「潜在酵素」)の量には限りがあるということです。 体内でつくられる酵素の量は年齢とともに減り続け、特に20代を過ぎた頃から急激に減り始めます。 加齢とともに「体型が変わった」「肌が気になり出した」「ポッコリ溜めがち」「何となく元気がない」などと感じられる方が多くなるのもこのためです。 『年とともに代謝が悪くなって…』という声を時々、耳にします。 これは、言い換えれば『代謝酵素が減っちゃって…」という事なのです。 でも、大丈夫! 酵素不足を感じたら『ファスティング』がオススメです! ファスティング中は、多くのエネルギーを費やす消化活動が休まるうえ、 体外から「食物酵素(良質の酵素ドリンク)」を意識的に摂ることで「消化酵素」を温存することができます。 その結果、体内の潜在酵素は代謝や排せつに回され、「代謝酵素」が活性化されます。 「食生活」や「生活サイクル」の見直しをして、理想的な若々しさと健康を手に入れましょう! 『酵素ファスティング』について ファスティングとはファスティングの目的そもそも酵素ってなに?ファスティングの3つのステップファスティングの基本ルールファスティング よくある質問Q&A酵素の浪費をさけるために、積極的に摂りたいOKフードファスティング中は厳禁!NGフード ※ファスティングによる効果・効能には個人差があります。治療や医療行為ではないので、必ず自己責任のもとで実施するようにして下さい。 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-03T20:00:00+09:00 ファスティングの目的 http://salon-de-macherie.com/contents_123.html ファスティングの目的は ファスティングとは、単に食事を摂らない事で摂取カロリーを抑え、痩せるだけを目的としたものではありません。 一定期間固形物を摂取しないことで疲れた消化器官を休ませ、 腸内環境を整え消化酵素を温存させ 停滞していた代謝酵素を一気に活性化させる事が目的です。その結果! 代謝行為の要素である『入れ替え、再生、解毒、排泄』がスムーズになり 体内機能が活性化されると考えられています。 ファスティングで期待できる14のメリット その1. 体脂肪の減少 その2. 溜まった毒素の排出 その3. 肌がきれいに その4. 腸をきれいに その5. 免疫力がアップ その6. 慢性便秘の改善 その7. 食生活の改善 その8. 味覚が正常になり、食事が美味しくなる その9. 血液をサラサラに その10. 疲労感がとれてスッキリに その11. ストレスの軽減 その12. 肩こりや腰痛の軽減 その13. 寝つきが良くなり、睡眠不足も解消 その14. 冷え性の改善 『酵素ファスティング』について ファスティングとはファスティングの目的そもそも酵素ってなに?ファスティングの3つのステップファスティングの基本ルールファスティング よくある質問Q&A酵素の浪費をさけるために、積極的に摂りたいOKフードファスティング中は厳禁!NGフード ※ファスティングによる効果・効能には個人差があります。治療や医療行為ではないので、必ず自己責任のもとで実施するようにして下さい。 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-02T21:00:00+09:00 ファスティングとは http://salon-de-macherie.com/contents_130.html 体内をクレンズする細胞リセットダイエット「ファスティング」とは? 疲れた消化器官を休ませ、体の中をクレンズ! ファスティングとは英語で断食のことをいいます。つまりファスティングは体の中を大掃除することです。現代人は、食事などから摂り入れた食品添加物、残留農薬などの有害物質、高タンパク・高脂肪食品の食べ過ぎなどにより、消化器官は疲れきっており、悲鳴をあげているのが実状です。 古来、「断食」は宗教的な儀式や精神的修行の一つとして行われてきましたが、近年では健康増進や美容の画期的なメソッドとして脚光を浴び、科学的な研究も盛んに行われるようになりました。「ファスティング」の真の目的とは? 「ファスティング」とは、単に食事を摂らないことで摂取カロリーを抑え、痩せるだけの目的としたものではありません。 一定期間、固形物を摂取しないことで、疲れた消化器官を休ませ、アミラーゼやリパーゼなどの消化吸収のための【消化酵素】を温存させ、これにより停滞していた【代謝酵素】を一気に活性化させ、毒素の排泄力を高め、汚れた細胞をリセットする注目の美容・健康メソッドです!サロンドマシェリの「酵素ファスティング」は、完全な絶食ではなく、 必要最低限のカロリーやビタミン・ミネラルを補給しながら無理なく行えるのが特徴です。 ファスティングを行うことで『入れ替え・再生・解毒・排泄』をスムーズにし、体の中からリセットする事を目的としております! 『酵素ファスティング』について ファスティングとはファスティングの目的そもそも酵素ってなに?ファスティングの3つのステップファスティングの基本ルールファスティング よくある質問Q&A酵素の浪費をさけるために、積極的に摂りたいOKフードファスティング中は厳禁!NGフード ※ファスティングによる効果・効能には個人差があります。治療や医療行為ではないので、必ず自己責任のもとで実施するようにして下さい。 内面美容(インナービューティー)・ファスティング相談・フェイシャル・シミ取りエステ・痩身・リンパマッサージ・よもぎ蒸し・腸セラピー・DNA遺伝子分析・ファスティング相談・ブライダルエステ・シルク糸脱毛スクール・デトックスリンパスクール・フェイシャル技術セミナー・腸マッサージスクール・よもぎ蒸し講習|サロンドマシェリ|千葉市 若葉区 都賀 2017-08-01T20:28:04+09:00